ストレートアイロンのメリットを生かしてツヤを手に入れよう

ヘアケア
ストレートアイロン迷子
ストレートアイロン迷子

「うねりを簡単に直したい」
「髪の毛にツヤを出したい」
「なるべく髪の痛みが少なく、コンパクトなものはどれ?」

残念ながら、髪が痛まないヘアアイロンはありません。
それがどんなに高性能で高価格なものであっても。

しかしストレートアイロンを使うことで
簡単にうねりを改善し、
ツヤを出すことができるのも事実です。

ラクモン
ラクモン

じゃぁ、どれがおすすめなの?

そんな疑問にお答えします。

ここでは、
数あるストレートアイロンの中から
ヘアカラーやパーマを繰り返し、ダメージを受けてきた、
アラフォー以上の女性にこそ、おすすめしたいものを厳選しました。
ダメージがある髪ほど、その良さが分かるはずです。

できるだけ髪を痛ませないで、キレイにを手に入れましょう。

ホリスティックキュアストレートアイロンとKINUJO Wを比較してみる

私が2年前に購入したのは
「ホリスティックキュアストレートアイロン」です。
故障もなく、今でも現役バリバリで使っています。

ストレートヘアアイロンは
3,000円前後から5万円ほどする高価なものまで沢山ありますよね。
選ぶ基準は人それぞれだと思いますが
私は、ショートヘア~ミディアム・猫っ毛・毛量少な目なので

選ぶポイント

・髪へのダメージが少ない  
・小回りが利く(顔回り)
・プレートが高性能
・価格が妥当
・なるべくコンパクト

この5つにしぼって選びました。

ラクモン
ラクモン

とりあえず1番高いのがいいんでしょ!じゃダメ。
自分の髪質に合って、どう使いたいかが大切


3,000円位の安いストレートアイロンにも、心が揺れましたが
アラフォーゆえ、これ以上のダメージは極力減らしたかったので
1万円台位のものを選ぶことにしました。

そして、調べた結果
とにもかくにも「プレートが重要」
これにつきます。

髪にダメージを与えないプレートの選び方

そもそもプレートって何?という方に
メリットとデメリットを、簡単に表にまとめました。

 メリットデメリット
テフロン摩擦が少ない
引っ掛かりが少ない
耐久性が低い
コーティングが剥がれやすい
セラミック熱伝導率が高い摩擦が大きい
髪へのダメージが大きい
チタン髪へのダメージが少ない価格が高い
(「チタニウムコーティング」は
他の金属にチタンをコーティングしたもの
安価であることが多い)

髪へのダメージが少なく、
キューティクルを守りながら、
水分バランスを整え、保湿し、ツヤを与えられるとなると
特殊なプレートを使っているものにしぼられました。

ホリスティックキュアストレートアイロンとは


数種類の天然鉱石やミネラルをミクロパウダー化して独自配合し、
業界初の2層コーティング「キュアクリスタルプレート」
プレートに加工しています。
このプレートにより、キューティクルが密着してツヤがでる
というところに惹かれました。

ラクモン
ラクモン

クリスタルって言葉に弱い

アイロンを閉じると円形になる「ラウンドヘッド」

これがなかなかいい仕事をしてくれるのです。
ショートの時、ワンカールするアレンジの時、
毛先も、短めの前髪もキレイにカールできます。
このサイズならではの、コンパクトの良さですね。

また私は、洗面台の引き出しの中に収納したかったので
無印のボックス(ポリプロピレンファイルボックス1/2 幅10×奥行32×高さ12㎝)
すっぽり入るサイズが気に入っています。


実際使用してみて、手触りが全然ちがいます。
パサパサせず、なんか守られてるという感じがするんですよね。

引っかかることも少なく、うねりも綺麗に伸びます。
湿気の多い時期にも、かなり助けられました。

デメリットとしては、
プレートがそこまで大きくないので、
毛量の多い人はブロッキング回数が増えるかなということ。
少な目~普通の毛量であれば、気にならないかと思いますが。

また、手元の開閉ロックが若干固いことくらいでしょうか。

美容師さんのおすすめということもあって、こちらを選びましたが、
私には合っていたと思います。
髪が痛むこともほとんどなく、快適に使えています。

KINUJO W-worldwide modelとの比較


KINUJO Wとは、ホリスティックキュアストレートアイロンと同価格で
髪へのダメージの少ないアイロンです。
KINUJO Wの1番のポイントは「ジューという音がしないプレート」になります。


ヘアアイロンで髪が痛む原因は「水蒸気爆発」によるものです。
髪が湿った状態で熱を加えることで、「ジューッ」と音がするアレです。
1度は聞いたことありますよね。
それがKINUJO Wでは200℃以上でも、起こりずらいので
キューティクルを守り、髪本来の水分の潤いを保つことができるのです。

ラクモン
ラクモン

うーん、こちらも魅力的

なので、比較してみました。

ホリスティックキュア
ストレートアイロン
KINUJO W
worldwide model
立ち上がり150℃まで約60秒180℃まで約35秒
プレートキュアクリスタルシルクプレート
プレートサイズ25×82mm24×90mm
温度120℃~200℃ 
20℃毎5段階 
140℃~220℃ 
20℃毎5段階
サイズL225×H30×W30mm W289×D40×H31mm
重量約165g(コード込 約280g)約346g
価格13,200円 (税込)13,200円 (税込)

立ち上がりまでの時間は、KINUJO Wが圧倒的に早いです。
プレートもそれぞれ独自の、
髪にダメージの少ないものを使用しているので、
甲乙つけがたいのが本音です。

ただ、サイズは圧倒的に
ホリスティックキュアがコンパクトです。
しかも、このサイズにしてはかなり軽いですしね。

まとめ


機能的にも、価格的にも同等レベルで迷ってしまう
ホリスティックキュアストレートアイロンとKINUJO Wですが
もしこの2つで、迷っている方がいれば

携帯したり、とにかく軽くてコンパクトがいいという人
 ホリスティックキュアがおすすめです。




立ち上がりがとにかく早く、白い見た目がいい!
シルクプレート興味ある!という人
 KINUJO Wがおすすめです。




はっきりいって、ここからは好みの問題かと思いますので
自分にとって使いやすいものを選ぶのが
いいのかなと思います。

毎日を少し楽に、キレイにしてくれる
お気に入りのストレートアイロンで、
髪のダメージを恐れず、ツヤを手に入れましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヘアケア
ラクモンをフォローする
らくかもブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました